15mmカラコンはソフトレンズオンリー

15mmカラコンとレンズの形状

15mmカラコンの場合は、たぶんソフトレンズしかないですよね。ハードコンタクトってまだあるのかな。

15mmカラコンは痛みに鈍感?

昔はハードコンタクトをつけてましたが、今のカラコンはソフトが当たり前だそうです。
15mmカラコンにしても、ソフト以外って見たことがない。

 

前の話になるんですが、私が初めて作ったコンタクトはハードレンズでした。
ハードってつけたことがある人は分かるでしょうけど、目にゴミが入ったりするとすごく痛いんです。
だから痛いって思ったら一旦初めて洗ってまた着けるんだけど、そうなるともう目が充血してどうにもとまらない状態です。
目が痛いけど、保存ケースを持ってないとまたはめるしかないという苦しい状況なんです。
でも今はソフトレンズが主流なのかな。ソフトの場合はゴミが入っても違和感や痛みを感じないと言われてるんですが、確かに私もそう思いました。
でもそれはそれで目になにか異物が入っても気づかないままというのも怖い気もしますけどね。
どちらを着けるにしろ、目にとっては優しい環境ではなく、息ができない辛い状況ともいえますので、できるだけ時間を短くする工夫を考えたいところですね。

 

私も最近は外出する機会が減ってるので、以前ほど15mmカラコンを着ける機械も減ってきてます。
そうなってくると、次に買うのは長期使用にするかワンデーにするかというのを決めないといけません。
1年使用のを持ってるのに、滅多に着けないでは勿体ないですからね。
今の調子でいくとワンデーにしようかなと思ってるんですが、こればかりはなくなりそうなタイミングにならないと決めれないかな。
ソフトだからやわらかいけど、洗浄するときは気をつけないといけませんね。力を入れすぎて破れてしまうこともありますからね。ワンデーならまだしも、1年使用の15mmカラコンが破れるとやっぱりショックだもんね。

15mmカラコンもソフトだからこそ怖い面あり

もう一度ハードレンズのことを思い出してみようかなと。
風が強い日は、本当に怖いハードレンズ。なぜかというと、埃が飛んできて、目に入ったら、ものすごい充血でしたからね。

 

一度充血してしまうと、一旦外して洗浄しても、すぐに着けることは難しいんです。痛みが増してきてしまってね。
これが今の15mmカラコンのようなソフトレンズになるとどうなるかというと、そういう痛みがほとんど感じないんです。
それはありがたい反面、怖い面も潜んでいるんだよね。

 

つまり、目にゴミが入っても、全く気づかないってこと。
そのまま放置していると、目に悪いに決まってます。だから怖い面があると言ってるんです。
カラコン15mmは危険度アップ?
サイズがデカイだけでも危険度がアップするのに、さらにレンズがハードだったらさらに怖いよね。

 

ちょっと懐かしかったので、取り上げましたが、たぶん、カラコンはソフトが普通なんでしょうね。


RSS購読